新年用タオルの意味と由来

新年の挨拶の手土産として代表的でもある御年賀タオルの意味や由来をここで少し考えてみたいと思います。お時間がある時にでも参考までにご覧頂ければ幸いです。

新年の挨拶に年始タオルを配るようになった由来

お取り引き相手などに新年のご挨拶用として配布される年賀タオルは、定番アイテムと言っても過言ではありませんが、こういった用途で利用されるようになった由来は、江戸時代の頃まで遡ると言われています。

当時、新年の挨拶の時には大名は将軍にその地方の特産物などを持参し、商人は酒や菓子を取り引き相手などに配布し、そして歌舞伎役者や落語家などは贔屓筋(今で言うところの後援会やファンクラブのようなもの)にオリジナルの模様や家紋などを名入れした手ぬぐいを配るという風習があったようです。

そしてこの風習がやがて全国的に一般化されていったと同時に、西洋文化の流入によってフワフワとして肌触りのタオルの流行と合間って、お年賀の挨拶用として広く利用されるようになったのだと言われています。

年越し年明けタオルにはどういう意味があるのか

新年のご挨拶には、日頃の感謝や末永く良好なお付き合いを続けて行きたいという気持ちの表すための風習ですが、やはりお年賀タオルにもそういった意味合いが込められています。

そのため当社では、従来のシンプルな名入れから、日頃の感謝の言葉や新年の挨拶、また羊や2015年度という年号を入れたオリジナルデザインでも干支タオルのオーダー製作を激安価格で承ることも可能です。

なぜ年末年始にタオルなのか?

肌触りが良くて吸水性に優れ、また繰り返しのお洗濯にも強いタオルは今では私たちの日常生活において無くてはならない生活必需品だと言えますが、これに会社名やその連絡先、また商品名等をプリント印刷することによって、優秀で効果的な宣伝広告アイテムとすることも出来るのです。

更に専門店である当社では、シンプルな名入れプリントから写真画像やグラデーション等を利用したフルカラーデザインでも、お客様のイメージ通りにハイクオリティかつスピーディーに、オリジナル作成が可能になっておりますので、是非ご活用頂ければと思います。