年始に載せる情報

ここでは、干支タオルに入れるさまざまな情報をご紹介してみたいと思います。基本的なことばかりではありますけれど、デザイン制作の際の参考にして頂ければ幸いです。

企業、メーカー名

干支タオルは新年のご挨拶用の手土産としてはもはや定番中の定番ではありますが、これにはそれなりの高い宣伝広告力があるからだと言われています。

そのため、何はともあれまずは企業名やメーカーは必ずと言っていいほど印刷されておりますし、これがあるからこそ「年賀タオル」となるのであり、最重要情報のひとつ言えるでしょう。

ロゴマーク

企業のオリジナルロゴマークがなどがある場合には、企業名と共にそれも年賀タオルには入れたほうが良いかと思います。現代では文字だけでなく、図柄なども簡単に入れて特注作成できますし、もちろん当社ではフルカラーデザインでも激安価格でオーダー制作させて頂きますのでお気軽にお申し付け下さい。

住所や電話番号

これも企業名と共に入れる定番情報だと言えます。その企業の所在地や連絡先を明確に入れておくことで信頼度が増します。

また何かあった際にすぐに連絡して頂ける可能性もありますので、これも干支タオルには必要不可欠な情報と言えるでしょう。

ウェブサイトのURLやメールアドレス

昨今ではどの企業でも大概は自社サイトを持っていたりしますし、またメールアドレスなんかも電話番号やFAX番号と並んで今では、オリジナル年賀タオルに入れる情報として必要不可欠なものとなりつつあります。ただし英字や数字の羅列は、ひと目では読み辛い可能性もありますので、多少のデザイン的な配慮が必要な場合もあります。

年号や干支

年が明けたということを祝して、新しい年号や干支を干支タオルに入れると、スタンダードなものと差別化が図れると共に、デザイン性も増すのではないでしょうか。

年賀状などと同様に、可愛らしくキャラクター化した干支などを年賀タオルに入れることで、親近感が湧きますし、特にお子様向けの場合には喜ばれるかと思います。

当社ではそういったイラスト入りのオリジナル年賀タオルも激安価格で特注製作させて頂きますので、お気軽にご相談頂ければと思います。